バスケ渡嘉敷「必ずプラスに」 WNBAから帰国

  • 0
  • LINEで送る

米国から帰国し、取材に応じるバスケットボール女子日本代表の渡嘉敷来夢=19日、成田空港

 バスケットボール女子日本代表のエース、渡嘉敷来夢(JX―ENEOS)が19日、米プロリーグWNBAのシアトル・ストームでの3季目を終えて成田空港に帰国し「(個人成績の)数字は下がったが、これも一つの経験。必ずプラスになる」と前向きに話した。

 今季は出場33試合で1試合平均3・2得点、1・6リバウンドで、ともに昨季を下回った。しかし試合だけではなく、米国代表もいるチームメートと練習に励むことで成長を実感しているという。10月7日開幕WリーグではJX―ENEOSの一員として10連覇に挑む。「どこのチームもできることではないので、成し遂げたい」と意欲を示した。