マブチ事件の死刑囚病死 4人殺害、東京拘置所

  • 0
  • LINEで送る

2人が殺害され放火されたマブチモーター社長宅=2002年8月、千葉県松戸市

 法務省は17日、2002年に当時のマブチモーター社長馬淵隆一さん宅での放火殺人など、3事件で計4人を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた畠山(旧姓小田島)鉄男死刑囚(74)が東京拘置所で病死したと発表した。

 法務省によると畠山死刑囚は食道がんで治療中だった。16日午後10時すぎ、脈拍が低下して意識障害が生じ、午後10時半、拘置所内の医師によって死亡が確認された。

 今年1月ごろ、畠山死刑囚が症状を申し出て検査し、食道がんが判明。畠山死刑囚は治療を望まず、栄養補給と痛み止めの処置を施していたという。