JR千葉駅ビル開業 107店、買い物客で活況 「集い、楽しめる施設に」

  • 0
  • LINEで送る

開店直後からにぎわう「東急ハンズ」=7日、千葉市中央区
開業式典でテープカットを行う阿部さん(左から3人目)ら
トークショーを行ったジャガーさん

 JR千葉駅ビル「ペリエ千葉」(千葉市中央区新千葉)が7日、オープンした。開店前から行列ができ、午前10時の開店と同時に店内は大勢の買い物客でにぎわった。

 開業式典で、駅ビルを運営する千葉ステーションビルの椿浩社長は「ファッションに加え、クリニックや屋上庭園などをそろえ、多様なニーズに応えられる施設を目指した。さまざまな人々に集い、楽しんでいただきたい」とあいさつ。本県出身の2017年ミス・ユニバース日本代表・阿部桃子さんらがテープカットで開業を祝った。

 この日開業したのは2~7階部分。衣料の「ビームス」や生活雑貨の「東急ハンズ」など千葉市初出店を含む107店が入る。「アロハテーブル」「ジンナンカフェ」など県内初出店の飲食店も充実。4階にはICカード専用改札を用意し、エキナカと駅ビルを直接行き来できるようにした。

 限定バッグを買いに来たという同市美浜区の主婦、計良ジュンさん(45)は「オープンをずっと楽しみにしていた」と興奮した様子。市原市の高校1年、伊藤もものさん(15)は「若い女性向けのショップがたくさんあって楽しい。また来たい」と声を弾ませた。

 東急ハンズの開店イベントでは、千葉を代表するロックミュージシャン「JAGUAR(ジャガー)」さんがトークショーを行った。来店客はスマートフォンで写真を撮影するなどして、サプライズゲストの登場を喜んだ。